晋南北朝史と石刻史料研究の新展開―魏晋南北朝史像の再構築に向けて―

日 時:2008年9月14日(日),午前10時~午後5時30分

会 場
:立正大学大崎キャンパス,11号館5階1151番教室

主 催
:科学研究費補助金(基盤研究(B))「出土史料による魏晋南北朝史像の再構築」
     (代表:伊藤敏雄大阪教育大学教授)

プログラム

  午前の部(10時~12時15分)
   開会の挨拶・趣旨説明:伊藤敏雄氏(大阪教育大学)
   福原啓郎氏(京都外国語大学)「西晋の辟雍碑の再検討」
   中村圭爾氏(大阪市立大学)「晋南朝石刻と公文書」
   李 凭氏(中国・華南師範大学)「与北魏平城京畿城邑相関的石刻史料的整理与研究工作」
  午後の部(1時15分~5時30分)
   趙水森氏(洛陽師範学院図書館長)「洛陽魏晋南北朝墓誌的発現収蔵与研究」
   朴漢済氏(ソウル大学校)「魏晋南北朝時代墓葬制度的変化和墓誌銘的流行」
   窪添慶文氏(立正大学)「正史と墓誌」
   パネルディスカッション:司会・葭森健介氏(徳島大学)
   閉会の挨拶:關尾史郎(新潟大学)

[訊息轉貼自
關尾史郎のブログ]

創作者介紹

Mars的魏晉南北朝史研究

marswang 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()